住宅・住居には地震への備えを求めたいです。また、建物そのものの頑丈さや、建物が建つ場所にも注意を払いたいです。

住宅・住居に対する地震への備えについて
住宅・住居に対する地震への備えについて

住宅・住居に対する地震への備えについて

住宅・住居に求めるもの、ことは、そこに住む人それぞれです。しかし一方で、誰が住むにしても、求めておいた方が良いものやことと言うものも存在しています。それを求めていた方が、より長い期間、安心してその住宅・住居で生活を送ることができるというものです。そのひとつとして、自然災害に対する備えと言うものが挙げられます。

自然災害の中でも、最も恐ろしい、そして住宅・住居に与えるダメージが大きいと考えられるのは地震です。地震を直接的な理由として命を落とす人と言うのはいません。地震を原因として発生する事象により、命を落とす人が多く、建物の崩壊もそれに該当します。ですから、逆を言えば、そこに対する対処をきちんとしておけば、命が助かる可能性はとても高くなると言えます。日本では、いつ、どこで、巨大地震が発生してもおかしくはないと言われています。ですから、自分の住宅・住居にいない時に、そうした地震に遭遇するかもしれません。けれど、たとえば就寝中や入浴中などの、自分の住宅・住居にいながら、しかし咄嗟に身動きをとることができない時に地震に遭遇した際、やはり命を守るためには、建物の地震へのそれなりの強さというものが重要となります。

住宅・住居に対する地震への備えとしては、耐震、制震、免震が挙げられます。地震による建物への揺れをどうするか、と言う点において、それぞれ異なり、また導入する際の価格や期間なども異なります。特に、建物の基礎部分に設置が必要な免震は、建物を建てる際でなければ、なかなか後になって導入すると言うことは難しいようです。また、こうした備えは勿論のこと、そもそもの建物が頑丈で、きちんとした造りで造られていると言うことも重要なことですし、建物が建っている場所というのも重要なことです。水を多く含む場所、また水はけの良くない場所の土と言うのは、当然、そうでない土地の土に比べると脆弱と言えます。よって、地震の揺れをより建物に伝えやすいという側面があります。

Copyright (C)2015住宅・住居に対する地震への備えについて.All rights reserved.